恋愛に積極的にならなくても、聞き上手な女性になるとモテる?

積極的になれなくても大丈夫、聞き上手な女性になる

好きな人が出来たけど、どのように自分の気持ちを相手にアピールしたらいいのか悩む人はたくさんいます。実際、私自身もそうです。

 

恋心を抱いた相手の前にいくと、いつもはなんてことなくできる会話がうまくできなくなって焦ってしまったりします。

 

また、自分が積極的にアピール出来ないうちに誰かライバルにとられてしまうのではないかと不安になってしまったりもします。

 

積極的に相手に話しかけられる女性がうらやましい、上手に会話出来る人がうらやましいと何度思ったことでしょう。

 

しかし、上手に会話が出来なくても、気を効かせたことを話すことができなくても相手とうまくコミュニケーションをとれる方法があります。

 

それは聞き上手になることです。

 

好きな人と二人で話す場面があったとき、何を話そうかと焦ってしまい、肩に力が入ってしまいがちです。
でも、無理に何か話そうと思わなくても大丈夫です。

 

相手の話を聞こう、私は聞き役に徹しようと思うと気が楽になり変な力は入らなくなります。

 

もちろん相手に質問された時にはしっかり答えます。

相手が話している時にはその話に興味を持って話を聞いてみましょう。

 

かと言って聞き役になるということは、なにも話さなくていいと言うわけではありません。

 

こちらから何のコメントもないのでは相手も、つまらなくなってしまいます。

 

相手が『◯◯だったんだよ』と話したことに対して、『◯◯だったんですか?すごいですね』などと相手が言ったことを繰り返すことで
相手は自分の話を真剣に聞いてくれているんだなと感じます。

 

 

無理に気を効かせようとしなくても、繰り返すだけで会話が盛り上がります。

この子は俺の話をちゃんと聞いてくれる子なんだと思ってもらうことが出来ると次のステップに進んでいきます。
相手の方から、自分の色々なことを話して来てくれるようになり、二人で話す時間も増えてきます。

 

二人で会う時間が増え、会話する機会が増えて来てもとにかく聞き役に徹することを心がけましょう。
相手が話すことが好きな人なのであれば尚更です。

 

あなたが話をしっかり聞くことで相手は気持ち良く話をすることができ、いつの間にか相手にとってあなたは必要な存在となってくるはずです。

 

自分からあれこれ話さなくても、相手の話を聞くことに徹するだけでいいのです。
聞き役になることで大切なのは『あなたと話したい』ではなく『あなたに話したい』と思ってもらえる自分になることです。

片思い成就体験談