恋か友情か、三角関係になったときの心得

恋か友情か、三角関係になったときの心得

 

世の中の人口の約半分は男性です。
素敵な男性もまた数多くいるはずなのに
友人の彼氏を好きになってしまったなんてことはありませんか。
身近に素敵な人がいると、つい女性のベクトルが集中することになりますよね。

 

もう彼は友人のものだからと何もせずに諦めますか?
それとも彼の為に全てを賭けて略奪を試みますか?

 

彼氏と彼女といっても結婚をしている訳ではないので、まだまだチャンスがないとは言えません。
迷った時には以下の心得術を参照にして下さい。

 

< 其の一、まずは落ち着いて彼氏の本音を読む >

もしかして彼氏は他に適当な子がいないので友人と付き合いを続けているだけなのかも知れないのです。

 

実は友人への愛情からではなく、「まいっか」程度かも知れません。

 

もし二人きりになるチャンスがあったら

 

「〇〇君(彼氏)みたいな彼氏がいて、〇〇子(彼女)って幸せだなー。 私も〇〇君みたいないい人早く見つけたいよー」
と言って反応を見てみましょう。
明るく言うのも良いですが、ここはひとつ寂しげな笑顔を見せましょう。

 

彼氏にその気があれば
「え、早く言ってよ、俺でよければさー」
などとと言ってくれば脈アリです。

 

ストレートに
「じゃあ今、コクッていい?」と言うのも良いですし
「そうだったらいいのになぁ」と言うのも女の子らしくて可愛いと思われます。

 

もしも彼氏から秘密のデートに誘われても
友人にバレたときのことを考えて
最初は誰か共通の男友達と一緒が良いでしょう。

 

 

< 其の二、さりげなく周囲に現れる友人になる >

略奪計画を実践する前に、喧嘩をして破局をしてしまった、なんてこともよくあります。

 

別れるまでに至らなくても
喧嘩をしたときには積極的に彼の相談役になりましょう。

 

あくまで中立の良い友人を演じていれば、彼の貴女に対する信頼感が増してきます。

 

二人の仲が本当に冷え切ってしまっているのなら
自然消滅を待つのが一番です。

 

この時大切なのは、
決して第三者に噂話をしないこと
口の堅い女性は信頼度も非常に高くなります。

 

補足

上記二つの方法で上手くいった場合、
必ず彼氏に友人と別れてもらってからお付き合いを始めて下さいね。

 

 

< 其の三、略奪愛に賭ける >

はっきりしないと自分が前に進めない
そう思うならば一気に告白しても良いでしょう。

 

玉砕も覚悟、でも後で後悔するよりマシだと強い意志がる場合には一番手っとり早い方法です。

 

そんなポジティブ思考の貴女なら、きっと諦めがついた後に新しい恋を探すことができます。

 

彼氏からの返事がが〇でも×でも友人に貴女のことが必ず伝わります。

 

友人からは激怒の末絶交される可能性もあります。

 

しかし世の中はその友人と彼氏だけではないのです
もし一生彼らと関わり合いがなくなっても
自分はちっとも困らない、それくらいに考えましょう。

 

< おわりに >

片思いはとても辛いものですが、好きになるという気持ちは悪いものではありません。

 

辛い悩みはつきものですが、その恋は貴女を奇麗にします。

 

最初から諦めてしまわずに虎視眈眈としていれば、いつか風がこちらに吹いてくれるかも知れません。

 

もし友人と彼氏の愛情が強くて「雨降って地固まる」ということになっても、きっと将来的に彼女は貴女に感謝することになるでしょう。

片思い成就体験談