片思い占いで彼から告白してもらおう!

気になる片思いの彼へメールを送るタイミング

 

片思いをすると周りが見えなくなって、自分の思いをわかってほしいがために何回もメールや電話をしてしまったり、嫌われたくないから、とアプローチできずに終わってしまったりと、なかなかうまくいかないことが多いですね。

 

どうしたら意中の彼を振り向かせることができるのでしょうか。

 

 

タイミングが重要。連絡しすぎない!

男の人は仕事が忙しい時や、趣味に没頭している時間は彼女であっても邪魔されたくないタイプが多いです。

 

その場合、そんな時に連絡をとってしまうと「ウザイ」と思われてしまうかもしれません。

 

どんなに自分がメールや電話をしたくても我慢しましょう。

 

 

たとえば、社内片思いの場合。

 

プロジェクトで忙しそうな彼に対して「今日の夜ひま?」などとウィークデーに送っても、彼はそんなことを考える余裕はないはずです。

 

自分の目の前の仕事を片づけるのに必死なのです。

 

そのような場合に送るのは「最近忙しそうだけど大丈夫?めっちゃ頑張ってて凄い!おつかれさま」など、返信のいらなそうなメールだったらOK。

 

 

それも1回きりでいいでしょう。

 

彼はそのプロジェクトが終わって余裕が出たころに、そのメールを思い出してくれるはずです。

 

その頃合いを狙って「お疲れ様会しよう!」等の軽いニュアンスで誘ってみると成功の確率は高いです。

 

 

押し引きが大事!ちょっと離れて客観的に二人の距離を見極める

気軽に話せるようになってきたら、いったん自分から連絡をとるのをやめてみましょう。
そこで彼から連絡がくる場合は脈アリ、もう一歩進んだアプローチができる時期です。

 

そこで彼から連絡が来なかった場合、彼の中でまだあなたの重要度は高くないようです。
自分から遊ぶお誘いは控えて、定期的に彼の仕事ぶりを褒めたり、大変さをねぎらったりするメールを送ってみましょう。

 

もちろんその時もタイミングを見極めるのを忘れずに!
会わない間ダイエットをしたり、習い事に通ったり、メイクを研究したり自分磨きをすることをおすすめします。

 

 

自分から連絡を絶って、彼から連絡が来た場合も焦ってはいけません。
いきなり「私のことどう思ってる?」などの重い話題を振るのも厳禁です。

 

飽くまで自分の重要度を彼に気づかせるように一緒にいる時間は彼にとって心地のいい空間を作りましょう。
辛抱強くそれを続ければ告白される確率があがっていきます。

 

 

おわりに

恋愛に大事なのはタイミングと彼を思いやる心です。

 

自分が連絡をとりたいから、会いたいから、声を聞きたいから、と自分の都合ばかり考えていたら成就は難しいと言えます。

 

一緒にいて楽しいと感じてもらえるような努力が大切です。

片思い成就体験談