本当に当たる占い師が存在したなんて。告白をOKしてもらえた。

一度は諦めた片思い、それでも叶った片思い

もう、藁をもすがる気持ちでお電話占いをお願いして、本当に本当によかったと思っています。
あんなに苦しかった恋の病から解放されるなんて、思っていませんでした。

 

私と彼は、幼馴染でした。

 

そして私にとっては、初恋の相手であり、幼稚園の頃からの想い人でした。

 

覚えていないのですが、私は幼稚園の頃両親に「●●君と結婚する」とはっきり宣言していたそうです(笑)。
彼はとても端正な顔立ちをした少年でしたが、どちらかというと大人しく、幼稚園、そして小学校に入ってからも、彼に注目する女子はおらず、相変わらず私が独り占めしていました(笑)。

 

 

良く一緒に帰っていて、その時間は私にとって本当に掛け替えのない時間でした。
しかし、小学校5年生になってから、彼は急にモテだしたのです。

 

きっかけは、音楽の授業でした。
小学校の合唱祭で、ピアノの担当が彼に選ばれたのです。

 

そして彼は、大人も驚くぐらいのピアノの腕前を披露したのでした。
あの時のシーンとしたクラスの空気、そして彼の演奏が終わった時、先生が物凄い勢いで拍手をしていた光景は、今でも目に焼き付いています。

 

かっこいい!流石!

 

私は当然そう思いましたが、その時そう思ったのは、私だけではなかったのです。
ある日から、私はクラスの女子に無視されるようになりました。

 

そう、理由は幼馴染の彼と仲が良いからでした。

 

クラスにい辛くなってしまった私は、彼に詳しい説明をすることなく、私から距離をとってしまったのです。
彼が、私のことを親友と思っていたか、私と同じように恋心を抱いていたかは分りませんが、とても傷つけてしまったと思います。

 

 

その年のバレンタイン、彼はもの凄い数のチョコレートを貰っていました。
そしてある日、噂が立ちました。
彼が、年上の、中学生の美人とお付き合いをしている、と。

 

 

私はその話を聞いた時、悲しみに暮れ、もう、彼と関わるのはやめよう、もう、彼のことを考えるのはやめよう、と心に誓いました。
しかし、そう思っても決して忘れることはできませんでした。
中学を卒業し、高校生になり、お互い別の学校に通うようになっても。

 

 

彼は音楽大学に進学し、私は地元の会社で働くようになっても。
私は誰とも付き合うこともありませんでしたが、彼の女性関係の噂を度々耳にしても。
私は彼への愛を忘れることができませんでした。

 

そんな時でした。
女性誌の広告欄で、電話占いの記事がたまたま目についたのは。
私はなぜか、吸い寄せられるようにお電話をしていました。

 

そこで、私はお叱りを受けたのです。
彼こそ、まだ貴女を忘れられずにいる。

 

 

昔、貴方が距離をとったことにとてつもなく傷ついている。
だから、いろんな女性と付き合っているものの、満たされていない。

 

いつも貴方の事を思い出している。
なぜ、その気持ちに気づいてあげれなかったのか。
と。

 

 

私はその結果を聞き、号泣しました。
そして何とか彼と連絡を取り、自分の想いを全てぶつけました。

 

そして、昔の過ちも謝罪しました。
そこからの展開は、お察しの通りです。

 

今、私たちは本当に幸せにお付き合いさせて頂いております。
本当に、感謝しかありません。

片思い成就体験談

あなたの体験談を募集!!

当サイトでは占いの体験談を募集しています。
あなたの体験談が当サイトを訪れる皆さんの役に立ちます!
是非、生の声をお聞かせください♪